クレンジングケアも肌に必要な手入れの一つです

メイクアップも大切ですが

化粧とは美しくなるために行うという意見は多くあります。また、仕事場や友人の前ですっぴんでいることが嫌、洋服と同じように身だしなみのために化粧を行う人も存在します。肌を美しく魅せるためメイクは大切ですが、アフターケアつまりクレンジングケアも重要ですよね。黒ずみ、毛穴にたまった汚れやファンデーションを落とすため不可欠です。クレンジングを行わない場合、くすみやニキビ、色素沈着といったトラブルを引き起こす可能性があります。見た目は綺麗に見えていても皮膚へのダメージは大きいので、化粧をしたままついつい眠ってしまう人は注意が必要です。

水性、油性どちらも洗い流す必要があります

人によってはクレンジングと洗顔を混同しする場合がありすが、実はそれぞれ違う意味や役わりが存在します。前者はメイクによる油汚れや毛穴に詰まった黒ずみ、角栓を落とすことを目的とします。一方後者では顔についたホコリ、肌に不要になった汗や皮脂を洗い落とします。クレンジングを行うだけではいけないのかと考える人もいるでしょう。簡単にまとめると洗顔は水性、クレンジングは油性汚れに特化したものでありどちらも欠けてしまうと肌に悪い影響を与えてしまいます。確かに洗い上がりがスッキリすることに違いありませんが、双方をきちんと行うことはスキンケアに必須です。

一番は肌に負担をかけないことです

実は洗顔とクレンジング、一度に2回の洗浄は少なからず肌に負担を与えます。敏感肌や乾燥肌の人は洗顔後の化粧水やクリームを使いしっかり保湿することで肌トラブルを防げます。また洗顔中強く肌を擦る行為は逆に皮膚を傷つけてしまうので、指の腹を使い丁寧に馴染ませるイメージで汚れを落としましょう。洗顔ならよく泡立てたり、泡タイプの洗顔料を使用することで肌への刺激を軽減できます。クレンジングの場合、現在オイル系の商品が肌になじみやすく濃いメイクでも擦らず簡単に落とせるのでおすすめです。

品川美容外科の告訴について調べる